HIBIYA FES 2021 『三陸芸能おどり』映像公開Video performance "Sanriku Performing Arts Dance"

HIBIYA FES 2021 『三陸芸能おどり』映像公開

 
東京ミッドタウン日比谷主催「HIBIYA FES 2021」の演目『三陸芸能おどり』に、リーダープロジェクト「KIMIYA SATO MIKUSA BAND」として出演しました。
和楽器グループ「和楽奏伝」の吉井盛悟さん演出のもと、オリジナル曲を2曲演奏、またラストに和楽奏伝さんと共演しています。
 
自作曲「bifu(微風)」は一昨年に岩手で稽古をした「金津流浦浜獅子躍」(本編には姉妹団体の金津流横浜獅子躍が出演。)の太鼓や歌などにインスパイアされた楽曲。
オープニングの演奏はダンスに合わせた即興演奏と、同じく獅子躍をモチーフにした楽曲「hoshi」の一部を組み合わせたものです。笙奏者の大塚惇平君も加わってくれました。
リアル開催が中止となったことで紆余曲折しましたが、素晴らしいメンバーとプロダクションのもとで本当に楽しく参加させていただきました。皆様ありがとうございます。
 

エンドロールには映像プロジェクト「三陸DANCE借景」作品『ひかりにふれる、海をみる』に提供した楽曲を使っていただきました。